CとAと吊元

 

↓こちらが C で

 

↓これが A です。

 どちらの現場も1日違いでご依頼頂きまして取替となりました。

ちなみにこちらのAの現場ですが、手前のボルト1本入ってないで!と気付いたあなた。

「安心してください。はいってますよ」

3本の仕様でブラケットにボルト穴がありません。

4穴開閉機なのにブラケットは3本仕様なのか。

これはぼくもわかりません。強度的には全く問題ありませんが気になるな~。

と思って後から開閉機の取説を読んでみました。

しっかり 3本で と書いてある。

梱包内容の明細にもボルト3本の明記。

んーなぞ。今度メーカーに聞いてみよっと。

 

ULCとULAの違いはリミット装置・使用チェーン・●●●●の●●など

お値段は一緒です。

CのシャッターにAを間違って用意してもダメですし

AのシャッターにCを用意してもダメです。

 

1日違いで工事依頼をお受けして1日違いでメーカーへ開閉機の発注をしたので

 

私「もしもし。ULAすぐ発送いただけますか~」

メ「ULCはもう注文頂いてますよ?え?あれ?Aですか?Cは昨日、、、」

私「なに言うてんの!ちゃうやんか」

メ「あっちゃー聞き間違いしてULC・ULA聞き間違いしてもう発送しちゃいました」

私「安心してください。ULAの追加注文ですよ」

メ「あーULCとULA間違って注文しちゃいましたー?w」

私「してへんから!ULC注文してから今日ULAの現場も工事頂いたんです!」

        :

メ「在庫ありですぐ発送できます」

私「すぐやで!頼むで!」ガチャッ

なんて、やりとりして仲良しですね~

 

 

工事の方は吊元も変形してしまっているので現場スラットを加工して取替させて頂きました。

 

下で物を挟んでしまうとこんなところが潰れちゃうんです。

すごく重要な部品ですが普段は全く見えません。

どの現場でも点検時に必ずチェックしています。

開閉機・チェーン・吊元を取替、スラットの横ズレも多く修正し工事完了です。

シャッター修理大阪

営業時間

月~土8:00~18:00 

緊急修理は24時間受付

定休日

日曜・祝日

お問い合わせ

TEL: 0120-090-820